牛後ちょっと前

考え事をしています。ときどき読書メモ

ポモドリーノ

お題「最近知った言葉」

 

ナポリタンあんまり好きじゃないんだよね

 

友達に、もう5年以上スマホ(ずっとAndroid)を使っているのに打ち間違いの多い人がいます。

先日、LINEでやりとりしていたところ、彼女が発言した「ナポリタン」が「ナリタタン」「たポリタン」となっていて、なぜ?なぜそうなる?という奇妙な言葉が発生していました。

いや、そもそも彼女は打ち間違いもそうだけど言い間違いも多かったのです。

以前、精進料理(しょうじんりょうり)が出てこなくて、しんぜんりょうり!と言っていたのが一番印象的です。神前料理ということですね、間違ってないけど間違ってる…

そんな愉快な言葉の使い手ですが、とても真面目で親切な彼女と友達で、本当にありがたいです。

 

ところで、ナポリタンとはどういう意味なのでしょうか。

先述の会話では、私達はナポリタンスパゲティという意味でナポリタン…ナリタタンを使っていたのですが、パスタの本場イタリアにはナポリタンスパゲティなるものはないと聞いたことがあります。ナポリタンとは結局何を示すのか調べました。

 

 

ナポリタンってどこから来た言葉?

ナポリタンとは - コトバンク

デジタル大辞泉によれば、ナポリタン=ナポリ風のトマトソースを使ったスパゲティ、またはケチャップを使って味付けしたスパゲティとあります。

ナポリ南イタリアの都市ですね。サッカーチームが有名です。南イタリアなのでトマトの生産量もかなり多い。

トマトを使ったソースというと、日本で(本場の味を再現したガチガチの専門店に行かなくても)食べられるパスタソースは

あたりが思い浮かびます。あと、プッタネスカとかボンゴレロッソくらい…

ボロネーゼというと、かつて同級生の男子がボロネーゼのことをボロネーロと言っていたのを覚えています。あまり関係ないですが…

 

基本のトマトソースパスタを「ポモドリーノ」というそうで、ポモドリーノに特定の具を合わせると料理名(ソース名)が変化していくようです。ナポリタンを除くと、それぞれ挽肉、唐辛子、魚介類、アンチョビとオリーブとケッパー、アサリと合わせたソースとなっています。

日本だとこういうのに該当しそうなものがちょっと思いつかないのですが、炊いたご飯を塩で握って海苔で巻くのがおにぎり、酢を混ぜて握ったあと具を乗せるのがお寿司、お茶碗によそって具を乗せるのが丼ものみたいな感じでしょうか(多分違う)

しかし、上に挙げたどのパスタソースも、ナポリタンのように甘い味付けのものがないことに気がつき、「ナポリタンの由来となるようなソースはどれ?」というのが気になりました。

 

ナポリタンとナポレオン

調べると、どうもナポリでは17世紀ごろからトマトを煮詰めただけのトマトソースでパスタを食べる文化があったようで、それがフランスに伝わって「ナポリ風スパゲティ=スパゲッティ・ナポリテーヌ」と呼ばれるようになったようです。

話が逸れますが、フランスといえばナポレオン・ボナパルトが有名です。

このナポレオンはコルシカ島出身なのですが、彼の生まれた当時はコルシカ島ジェノバ共和国(イタリア統一前に存在した国)領からフランス領になったばかりでした。

ナポレオンはNapoléonと綴り、Napoliのleon=ナポリの獅子という意味です。

ナポレオンの出生名はナポレオーネ・ディ・ブオナパルテ…はい、超イタリア系ですね。Napoleoneと綴るのかな。

ナポリタンとナポレオンは、単に名前が似ているだけではなく、それとなく関係があるよ、という話でした。

ギブミースパゲティ

日本が洋食を食べるようになった明治ごろ、フランスからパスタが伝わり、戦争を挟んで今度はアメリカからアメリカナイズされたパスタが広まりました。

アメリカではパスタは安くて簡単な栄養食として食べられていて、軍事食糧として缶詰に入った甘いトマトソースのパスタが食べられていたのを、あるシェフが見て今食べられているナポリタンの原型を作ったとされています。

命名にあたりナポリのパスタが由来となっているとも、戦前に食べられていたフランス風ナポリタンがあるとも言われているようです。

このあと色々あって、雑誌や食品会社により「家庭で簡単に作れる、トマトケチャップをかけて炒めただけのスパゲティ」として一般家庭に広まったようです。

ぶっちゃけめっちゃ長いのでナポリタン - Wikipedia見た方が早いです。とてもわかりやすいです。

ざっくりまとめると

ナポリで食べられていたトマトソースパスタがフランスに伝わる→その後戦前の日本に洋食として伝わる→それとは別ルートでアメリカ風のトマトスパゲティが戦後の日本に伝わる→日本の一般家庭で食べやすいようケチャップをかけて炒めるだけのレシピが広まる

という感じ。

 

ケチャップの謎

そもそもケチャップって何ですか?

私は子供の頃からあまりケチャップが好きではないので、その存在について寄り添おうと思ったことがないのですが、世の中にはケチャップファンが多数いるようで、スーパーにはたくさんのケチャップが売られています。

ケチャップってどこから来たのか、トマト以外に何が入ってあんなに甘いのか調べてみました。

カゴメ株式会社|カゴメ株式会社

たまたま家にあったケチャップがカゴメだったので、カゴメ

  • ケチャップ
  • ピューレ
  • トマトソース

の原材料を比較します。

まずケチャップから

f:id:perokon:20190111181402j:image

カゴメトマトケチャップ500g

原材料:トマト、糖類(砂糖・ぶどう糖果糖液糖、ぶどう糖)、醸造酢、食塩、たまねぎ、香辛料

こうやってみると酢とか入って結構ソースっぽい感じですね。甘いなーと思っていたのは糖類もあるのかな。

 

次にピューレ

f:id:perokon:20190111181732j:image

カゴメトマトピューレー200g

原材料:トマト

まさかのオンリートマト。先述のナポリで食べられていたトマトソースはこれに近いかもしれないですね。

 

最後にトマトソース

f:id:perokon:20190111182054j:image

カゴメ基本のトマトソース295g

原材料:トマト、たまねぎ、大豆油、砂糖、にんにく、食塩、オリーブオイル、香辛料/塩化カルシウム、(一部に大豆を含む)

ここで油の概念が発生しました。玉ねぎやにんにくも入っているほか、塩分が多いので、すでに調理してあるものにかけるというよりは調理の際に味付けするために使うことを想定しているようです。

カゴメの商品に関しては、原材料からケチャップとトマトソースは、近いけど違う味付けの商品として完全にセクション分けされています。

ケチャップはトマトのソースだけど、トマトソース…ポモドリーノに使うソースが別にあるということでしょうか。

 

ところでケチャップの語源

ついでにケチャップの語源について調べました。

 

そもそもケチャップは台湾で使われているホーロー語で「鮭汁(ケーチァップ)」という魚醤を指す言葉から来ているようです。

イギリスやアメリカで「中国南部から東南アジアの塩漬けの魚介類を使った調味料」が「ケチャップ」と呼ばれるようになり、魚介類がキノコや野菜に変わり、アメリカでトマトを使ったものが開発されたそうです。塩を振ったトマトを、砂糖や他の野菜と煮込んだソースとしてトマトケチャップが作られるようになりました。

かの有名なハインツが瓶詰めしたものを販売し普及したことで、ケチャップといえば瓶に入ったトマトのソースとして生活に馴染んでいったようです。

たしかに先ほどのカゴメのケチャップも「トマトケチャップ」となっています。

 

例によって長いのでケチャップ - Wikipediaを読んだ方がいいです。Wikipediaすごい、本当になんでも載っている。

 

まとめ:ポモドリーノってかっこいいので今後色んなところで使っていこうと思います。

 

長々ととりとめのない文章でしたが、ここまで読んでいただきありがとうございました。とりあえず私は早くトマトケチャップと和解してナポリタンを食べられるようになりたいと思います。

 

 

 

 

頭痛との付き合い

※結構前に書いてずっと下書きに入ってたやつなので、今と文章が違ったり考え方が違ったりしますが、もったいないのでとりあえず上げます。

 

頭痛い

 

以前の記事でもほんのり話したのですが、小学生の頃突然偏頭痛の発作に出くわしてから10年くらいになります。市販薬で対応できるレベルですが、自律神経をやらかしてから悪化した気がします。

 

痛みの感じ

私はいわゆる閃輝暗点 - Wikipediaがないタイプで、なんとなくふわっと嫌な気持ちになった後急に痛くなります。肩こりと目の疲れからくる緊張型頭痛もあるので、慢性頭痛の状態です。

痛みの出方

目の奥がギリギリしてきて、そのあと輪ゴムを巻いたみたいな痛みが1〜3時間くらい続きます。たまに、片方が良くなった途端もう片方が痛くなる困った症状があります。

よく「痛いときに頭をふって悪化したら偏頭痛、体を動かして痛みが和らぐのが緊張型頭痛」というのがありますが、そもそも患部刺激したら痛いのは当たり前じゃない?と思ってしまうのです。冷やしても寝てても暴れても痛いものは痛い。

頭痛の誘因の考察

どのような状況で起きるのか(自分の場合について)思い出してみました。

場所

  • 人混みや閉鎖的空間など、空気の悪いところ
  • 気温の上下が激しいところ
  • 強い匂いのするところ

気分

  • あまり元気でないとき
  • 苦手な人、苦手な場所にいるとき
  • 退屈、反対に焦っているとき

体調や服装、姿勢

  • 体調はそれほど関係ない
  • どちらかといえば具合が良くないとき
  • 少しだけ眠いとき
  • タイトな服を長時間着ているとき
  • ヒールが高い、足に合わない靴のとき
  • 姿勢はそれほど関係ない
  • どちらかと言えば立っているとき

 

偏頭痛は現在、詳しい原因があまりわかっていないので(患者全員に共通する絶対的なもの)あくまでその可能性が高いという点にとどまりますが、身体的、精神的ストレスが原因であると考えられています。

上記のものは、あくまで私の場合ではありますが

  • 気温の変化や悪環境
  • 精神的な不安
  • 身体の締め付けや筋肉の緊張

といった、身体的、精神的なストレスが頭痛の原因になっていると感じました。

 

対処の仕方

薬を飲むのが一番手っ取り早い…というのはさておき、基本的に、偏頭痛は暗くて静かなところで横になっていると治りやすいとされています。

実際私も横になっているときのほうが楽です。ただ、寝ていても痛い時があるし、その時の状況によって回復姿勢をとることができないこともあります。

そこで、今のところ自分にとって効果があるものをまとめました。頭痛でお困りの方へ、参考になるものがあるかもしれません。

  1. 寝る(状況による。椅子に座って目を閉じるだけでもいい)
  2. 温かいものを飲む(カフェインやアルコール以外。血管の収縮が頭痛を引き起こすので)
  3. 暗いところに行く、スマホやPCを見ない(光の刺激を防ぐ)
  4. 耳栓や何も再生していないイヤホンで耳を塞ぐ(音が気になることがあるので)
  5. なるべくおとなしくする
  6. 暑い時は脱ぐ、寒い時は着る
  7. なるべく何も考えない

概ね、静かな環境で身体を温めておけばよくなるのですが、黙っていてもよくならないときは市販の鎮痛剤を飲みます。

よく薬は何回も飲むと癖がついて効きにくくなるということを気にする人がいますが、説明書に書いてある通りの用法用量で服用すれば問題無いと思います。

もちろん体質上、この薬はあまり効かない、逆に効果が強すぎる、副作用が出やすい等々ありますが、基本的に治験や品質検査を経て世に出回っている薬なので、よほど重篤な反応でない限り、自分には合わなかっただけだと思っておきます。

 

まとめ

とりあえず寝るのが一番おすすめ。

上記の内容(Wikipediaへのリンクを除く)はあくまで私個人の体質、体験、感想に基づくため、医学的に正確な理論や結果、その裏付けによるものではありません。

そのため、この記事を読んで対処したけど体調が全く回復しなかった、としても一切責任を取ることはできません。

本当に体調の優れない方は急ぎ医療機関を受診してください。

 

あけました

あけましておめでとうございます。

 

更新も少なく、大したことをやっていないブログではありますが、アクセスしてくださった皆様に少しでも楽しんでいただけるような記事を今年も書いていけたらと思います。

 

では、また一年よろしくお願いいたします。

f:id:perokon:20190101170527j:image写真は今うちにいる一番可愛い生き物です。

 

 

お久しぶりです。

まだニートです。就活何連敗したんでしょうね。現役の時よりも受けた数及び落ちた数が多いです。

 

地元でギリギリ頑張ってたのですが、来年から地元での就職を諦めようと思います。

理由:田舎は福祉職と建設系以外の選択肢がめっちゃ狭い

人間に対する慈しみの心がない(自分ではそう思う)ので福祉職には一切の適性を見出せず、腐っても大卒なのでせめて家庭教師のバイトくらいの給料は欲しい、体力の都合上肉体労働が厳しいということから、そこそこの田舎で就職活動しようとなるとかなり難しいということがわかりました。

私の地元はある地方都市のいわゆるベッドタウンで、その地方都市自体も都会というにはちょっとのどかすぎるなーという場所です。

新卒以外で大卒を(大卒の給料で)雇ってくれるのは、いわゆる公務員と専門職の他にはほぼないという地域です。そもそもはじめに就職したところも時給制で、別に大卒という枠で入ったわけではなかったので、その辺は多少諦めがついているのですが、誘致企業で大量採用しているところも落ちてしまったほどなので、もはや自分の価値がもう…うん…ないんじゃないかな…

 

無理に地元での就職を目指すよりは、多少地元から離れても安定した職につくことを優先したいと思います。というわけでまだニートですが、とりあえず頑張ります。

 

長らく更新できなくて申し訳ないです。あの更新の後激つら本免試験やら就活大失敗やら家に猫が増えるやら色々とありました。本も思ったよりは読めていません。

そのうち書くものをメモしておきましょう。

・煮たり焼いたり炒めたり を読んだ

・家に猫が増えた

・ドールにハマってきている

・楽園のカンヴァス を読んだ

等々です。

あ、一個前のpostのすぐあと、有免に無事なることができました。これで心置きなく頭文字Dが読み返せます。恐怖のあまり読めなかったのです。まだ読み返してないので、とりあえず年末年始に読みます。

 

長々と失礼しました。初めてスマホのアプリの方から更新したので、なんだか読みにくい文章になってしまっていたらごめんなさい。

 

では、メリークリスマス!

色々あって仕事をやめました。

無職です。

ちょうど前回のブログを更新したあたりから体調が最悪になり、(腹痛で動けなくなって、病院に行って点滴をしたり仕事を休んだりしているうちに)「働きたくないなー」モードに入ってしまい、頭がパーンしたので退職しました。

今は体調はまあまあ、メンタルヘルスはよくないです。


とりあえず近況としては、自動車教習所を卒業して、残すは本免試験だけになりました。タイミング的に免許センターに行くのが難しかったので今週中に行って、無免許から有免許になってきます。

あと、しばらくアルバイトでその場をしのごうって感じなので、応援していただけると嬉しいです。

もしこの記事を読んでくださった方で、いいお仕事があるよ、という方、割とマジで困ってるので紹介していただけないでしょうか。人と触れ合う仕事以外ならだいたいなんでもやります。


本は地道に読んでます。今週中にまた読んだ本のことについて書きますので、よろしくお願いします。


暗い内容失礼しました。頑張って生きていきたいです。おやすみなさい…


運悪く就職してしまった話

高等遊民として生きていくつもりだった

 
非常に残念なことに就職してしまいました。

 

 

3月まで決まっていなかったのでこのまま就職できないまま卒業して、アルバイトしながら第二新卒か通年募集のところを受けながら生活していくんだろうな、考えていたのですが、就職指導担当の先生が変わったこと、たまたま大学経由でハローワークに来ていた地元の求人があったこと、そこが事業拡大のため増員したかったことが重なって、受けたらポコンと上がってしまい、卒業式から1週間ほどしたある日から働いております。

ある日、としたのは4月1日(今年は暦の関係で2日のところがほとんどだと思いますが)に始まったわけではなく、3月中に仕事が始まったからです。

初めは年金や保険の手続き的な理由があるのかと思っていましたが、1日始業の友人たちがそのあたりで別に困っていない様子だったので???という感じです。

ただ、大学で知り合って、本人の地元に就職した友人のところも私の2日ほど前から始業だったようで、新卒を普段とっていない会社はもしかしたらそうだったのかな、それとも3月中の仕事は研修扱いなのかな、と思い悩んでおります。

 

職種としては大学でやってきたことと技術的に重なる部分もあるのですが、とにかくよくわからないことだらけで、ついていけないし、同期はいないし、先輩は5歳以上離れている人しかいないし、あー辞めたいなーと思っています。

まだ1週間くらいしか働いてないのにね。

 

働いたらメンヘラ疑惑が出てきた

 

働きたくなくて困ったニャア話を母に相談したところ、「お前は感情に波がある子だから(そしてコントロールが効いてない)」と返され、せやな・それな・ほんまと思ったのですが、このコントロールの部分が引っかかり、今まで抱いてきた「これ(やたら落ち込む、人間と話すのが不安でならない、不安をセルフコントロールできない)は性格ではなくてメンタルヘルスのほうの問題では?」という疑問を晴らすべくちょっとチェックしてきました。

 

メンタルヘルスの総合サイト|診断・掲示板|こころナビ

ここの診断メニューのところから、不安障害診断をやってみました。以前ネットで調べた際、自分の状態は社交(以前の名称は社会)不安障害あたりに該当しそうだと思ったので、一番手っ取り早い感じのところで納得したかったのです。

 

点数だけ言うと54(何点満点かはわからないけど高得点らしい)で、これは点数が高いほどやばいタイプの診断らしく、思っていたよりしんどくなっていました。

 

金と安定が欲しい

 

基本的には自立して生活したいし、出来れば自分に合った環境で生活していきたいと考えております。そういう意味では今の職場はいい人たちに囲まれて給料は地元だと高いほうで自分の能力が発揮できそうな職場だと思いますが、例えば食堂が席指定で喫煙者と同じ空間だとか、自動車通勤が前提の距離だとか、ノリで自動車教習所も始めてしまったので体が限界だとか、いろいろあって、たぶん追い詰められています。

3月に焦って決めたところがあるので、自分でも踏ん切りがつかないまま仕事が始まったというのが本音です。

ここまでめっちゃ長くなったのですが言いたいことは仕事休んじゃった許してということなので…。

今後どうやって生きていくか

とりあえず運転免許(普通車)は取ろうと考えています。仕事は本当なら試用期間終了まで頑張りたいのですが、正直できる限り早く転職したいし、基本的に在宅でできる仕事があるならそちらで食べていきたいです。

それから、これまで人見知りとか内向型の性格傾向だと思っていたものが、治療ができそうなものだとわかったのが今日の一番の安心したことでした。仕事を今後続けていくなら、教習所が落ち着いたあたりにメンタルヘルスのお医者さんに相談して、解決策を探っていこうと思います。

なんだか更新間隔があいてしまって申し訳ないです。今月からは少しマメに更新できるようになると思うので、よろしくお願いします。本は読んでます。

それではまた。

 

 

 

 

 

 

 

就活しないで生きていく方法と面白かった本の話

就職が決まってない。

お久しぶりです。卒研と就活でしんでました。

くそやばいですね。学位はぎりぎりもらえそうなのですが、結構本気で危ないと思っています。

ゼミ担に「この学年で就職決まってないのお前ともう一人だけだぞ」と脅され、本気でパーンとなってしまい、恐怖のあまりこの1ヶ月ちかくゼミに顔を出していません。

いうて学年30人以下なのに…2/30なんてそんな、割合で言ったら6.7パーセントですよ、ねえ…

計算しないほうがよかった。

友人が次々研修だ引っ越しだとわいわいしており、ウゲーとなっているのですが、一応就活担当の先生がゼミ担から変わったのでちょっと気が楽です。ちょっとです、ちょっと。

結局就職しないといけないことに変わりないと考えております。日本人が日本人として生きていくためには労働して税を納めて家庭を築いていかないといけない(というよりそれが一番めんどくさいことを考えなくても恩恵を受けられる効果的な手段)ので、自分の意志とか関係なくとりあえず何か仕事をしないといけないし、引きこもりとか不登校はちょっと飽きたので、働きたい意欲自体はあるんだと思って就活をやり直しています。

いや、この時期になると次の学年の就活に切り替わってきているのでハアーという感じなのですが。

就活に最初から負けてる

ここでもう一回心情を整理すると「働きたいけど就活がつらい」です。

いや、働きたいなら就活しろよ、といわれるのはわかっているのですが、就職活動のプロセスっていうか「就活必勝法」がつらいのです。履歴書も面接もつらく、履歴書もエントリーシートも死ぬほど項目が多いし、なんだよ得意な教科って得意な教科があったら大学行ってねーよと卑屈になってしまいます。私の場合、SPIは非言語がどうしようもなく苦手で、一般常識は理数がだめで、適性検査は「合理的で協調性がなくネガティブ」みたいな結果だし、面接は人と話すのが基本的にだめです。

就活必勝法みたいなのが載ってある本は、「自信をもってハキハキとした受け答え」「具体的なエピソードを添えて奥行きある人間性を」みたいな人格が素晴らしく発達していて周囲含め自信に満ち溢れ楽しい学生生活および家庭環境で過ごしてきた人しか想定していないというか、根本的に自信がない人のことは「がんばれ」「数こなせ」くらいで終わっていて、悶々としてしまいます。必勝法に負けてるという。

折れたメンタルは立て直せるか

先述のゼミ担しかり、必勝法しかり、敗北の記憶が色濃いのですが、人間の体験の記憶は「うまくいったこと」より「うまくいかなかったこと」ことのほうをよく覚えているそうです。(ごめんなさいソースが謎です)

私は認知療法とかは講義でさらっと習っただけなので何とも言えないのですが、「どうやってもうまくいかない」ので「なにもしないほうがマシ」になってしまうとやばいというのは20年弱の人生で学んできていて、少なくとも就活まではある程度「うまくいかなくても理由を考えて直せばいける」的思考ができていたと思います。

でも就活が始まった途端できなくなってしまいました。

ちょうど就活の一番バタバタしてるときにサークルがやばかったり卒研がやばかったりしていて、「自分がいないほうがうまくいくのでは」と考える時期に入ってしまい、そこから全然抜け出せる気配がありませんでした。

でした、なので今は少し明るい兆しが見えてきたのですが、どうやって抜け出せるかも、になったかというと「とりあえず好きなことをして、うまくいったことを周囲に認めてもらう」という体験を繰り返しました。好きなことをして認めてもらうのが一番利いた感じがあったのですが、ストレスを発散してからめんどくさいことに取り組んで、その成果をきちんと報告して認めてもらう、というプロセスが自分には合っているような感じでした。

自己承認欲求を満たすのですね。

自信を失っているので「自分すごい、ここで働いたらもっとすごいことできる気がする、だから雇って」という考えかたに到達できなくなっています。ですので「自分じゃない人に褒めてもらって自分のすごさを客観的に見よう」というやり方です。

これをやりまくると勘違いしちゃったじゃないの人になってしまうのですが、自信が回復してきたあたりでやめると今日の私のようにブログを書く余裕が出てきたり、履歴書の添削をしてもらったり、ごきげんなことができるようになります。

つらい就活をしないで生きていくのはできる

人間向き不向きあるので、私のように既存の就活必勝法が合わない人はたくさんいると思うし、周囲に信頼して相談できる人がいない人もたくさんいると思います。(後者は少なくあってほしい)ですが、出来る人は自信が折れそうになったら自分でないところに褒めてもらったほうが元気が出るから、こいつ空気だけでなんとなくお世辞言ってるんだろうな、と思わず信頼できる人に助けてもらったほうがいいです。もしその途中で「これは信用ならない」と思ったら逃げるのがいいです。事象から逃げるのは大変だけど人から逃げるのはそれよりかは簡単だと思うので…

就活担当の先生からいただいた言葉でとりあえずこの話題を終わりたいと思います。

「つらい就活してるとつらい気持ちで働くことになるので、明るく楽しく就活しましょう」

 

最近読んだ本

 

今回から試験的にアフィです。

「あずかりやさん」大山淳子

 

これは本屋さんで買ったのですがブックカバーがすごいかわいいのです。Amazonだとないようですが、本屋さんによってはレトロなちょっと透ける茶色の薄い包装紙みたいなブックカバーがつけられていて、それが内容とマッチしていていいんです。画像出てきたら追記しますね。

舞台は商店街の一角に建つ「あずかりや」で、そこに預けられる色々なものと預ける人を取り巻く短編集です。以前紹介した「ぱりぱり」に雰囲気が近いかな。こちらも「あずかりや」の店主が主人公なのに語り手にならないつくりのお話です。

さらっとした文体でとても読みやすかった。意外とシビアでシニカルな視点、展開もあって、ブックカバーのふんわりした雰囲気から読むとちょっと印象が違うかもしれないです。

 「明日町こんぺいとう商店街」

 

この本で最初に「あずかりやさん」を知ったのです。本屋さんでたまたま見かけて内容も確認せず買ったら「あ!これあの本に載ってたやつか!」となりました。

7人の作家が商店街に建つ店を題材に書いた短編集です。人によって結構文体や雰囲気が違う感じなのですが、かわいらしいカバーイラストのわりに対象年齢は高い感じです。最初高学年向けの児童文学のアンソロジーみたいなやつかと思ってました。

この中だとチンドン屋さんの話が一番好きです。

「箪笥のなか」長野まゆみ

 

長野まゆみの文章って文学少女の心を満たすきれいな色気があるなあといつも思います。最近の(という表現があっているのかはわからない)文章になっているので、初期の耽美で純文学的な雰囲気より少し一般向けというか、読みやすい印象です。

親戚からもらい受けた箪笥と、箪笥の持ち主となった姉、不思議なものを呼び寄せてしまう弟にまつわる連作となっています。

この「なんだかよくわからないものを引き寄せる体質」の青年というのが長野まゆみ作品だとたびたび出てきて、そうなると大概主人公なのですが、今回の主人公は姉のほうでした。このお姉さんもさすがにしっかり者かつ好奇心旺盛で、読者の気持ちにぴったり寄り添うような人柄でした。

BLが大丈夫なひとなら「左近の桜」とその続編の「咲くや、この花」も結構近い雰囲気なのでお勧めです。

いま「よろづ春夏冬中」も購入してそろそろ読むか…という感じなのですが、これもちょっと不思議な現代ものらしいので楽しみです。

色々読んでるのですが、今回は就活の話が長引いたのでこんなところで終わりたいと思います。